【ミッシング】ドラマは打ち切り?理由や真相は?ミッシング3はいつ?

韓国ドラマ「ミッシング」は、行方不明になった亡者たちが集まった幽霊の待ちを背景に、消えた死体を探して事件の真実を追うファンタジーミステリードラマです。

ファンタジーミステリードラマと聞くだけで、どんなドラマなのかな?とわくわくしますよね。

私も、なかなか無い設定だったのでどんなドラマなのかな?と興味があり視聴しました。

다희(ダヒ)

しかし、このドラマは途中で打ち切られているんじゃないか?と言われています。

そこで今回は、ドラマの打ち切りは本当なのか?理由や真相を調べていきたいと思います。

目次

【ミッシング】ドラマが打ち切りと言われた理由

なんで、ドラマ打ち切りって言われているのかな?

다희(ダヒ)

それは、打ち切りと言われて理由が2つあるんです。
それがコチラです。

  • 【ミッシング】は話数が少ない。
  • 【ミッシング】はラストに話を詰めすぎ

それぞれ、紹介します。

【ミッシング】は話数が少ない

まず一つ目は、話数が少ないという事です。

韓国ドラマのミニシリーズは、一般的に16話が多いです。

しかし、【ミッシング】は12話で終わっているので打ち切りになったのではないかと言われています。

다희(ダヒ)

しかし、面白くないから打ち切りになったという事実はないようです。

【ミッシング】はラストに話を詰めすぎ

そして次に言われている理由は、ラストに話を詰めすぎているという事です。

メインの死者3人の結末が一気にまとめられていたり、主人公2人に対しても引っ張りすぎた感があったようです。

このように、急いで終わった感があり視聴者が「あれ?」と思ったようなんです。

다희(ダヒ)

確かに、最後に色々詰め込まれると「あれ?もっと話数があったのに打ち切りになったから詰め込んだのかな。」と思ってしまいますよね。

【ミッシング】ドラマが打ち切りではない理由

引用:https://www.hulu.jp/
다희(ダヒ)

実際に、打ち切りという事実はないようです。
その理由を説明していきます。

打ち切りではない理由は、シーズン2が放送されたからです。

ミッシングシーズン2は韓国で2022年12月19日から放送されて、全部で14話です。

もし、面白くなくてドラマが打ち切りになってしまっていたらドラマのシリーズ化はあり得ないですよね。

そして、シーズン2の最終回は自己最高視聴率5.90%を記録して有終の美を飾りました。

シーズン1よりも視聴率を上げたようです。

다희(ダヒ)

シーズン1が終わった時には、シーズン2の制作は決まっていたようなので打ち切りではなさそうですね。

【ミッシング】ドラマを見た人の感想

다희(ダヒ)

ミッシングを見た方の感想を紹介していきます。

https://twitter.com/makimaki666666/status/1349993114052698115

ミッシングを見た方の感想を見ると、面白いという声が多くありました。

韓国ドラマって面白いとなかなか止まらなくなって次から次へと見てしまいますよね。

私も、ミッシングはなかなか無い設定とストーリーでとても面白いなと感じました。

ただ、私は話があっちこっちに飛び過ぎてしまって解決などもしないので途中で中だるみのようなものも感じてしまったなという印象です。

最終回は色々詰め込んだ感はありましたが、シーズン2が期待できる終わり方だったので楽しかったです。

ミッシング ドラマ シーズン3はいつ?

다희(ダヒ)

ドラマ ミッシングシーズン3の放送は決まっているのでしょうか?

2024年3月現在、ミッシングシーズン3の放送は決まっていません。

シーズン2の最終回では、主人公が新しい魂の村に行くようになった姿が描かれていましたよね。

そして、主人公が夢で見た回転木馬がある魂の村にたどり着き、回転木馬の前に立っていた男は「いらっしゃいませ」と挨拶をして終了しました。

新しい人物の登場で、シーズン3への期待が高まりますよね。

다희(ダヒ)

最後、イム・シワンがでてきて、「おぉ!」となる終わり方でシーズン3を期待しちゃいますよね。
シーズン3の発表を楽しみにしていましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、韓国ドラマ【ミッシング】は打ち切りなのか?について調べました。

確かに私も、シーズン1の最終回は一気に詰め込んだような感じかあったのでもう少し話数があってそれを考えて作っていたんじゃないのかなと感じてしまいました。

しかし、シーズン2も放送されシーズン3もありそうな感じなので打ち切りという事ではなさそうでしたよね。

다희(ダヒ)

シーズン2も面白い内容でしたし、シーズン3がどうなるのかも楽しみですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次